debian sid 最小構成からawesomeまで :: iBook G4

iBook G4 に debian sid を最小構成で入れウインドウマネージャーをタイル型の awesome にしました。
PowerPC G4 1GMHz と遅いマシンですが、以下はその時のメモ。


まずはリリース情報やインストールガイドを読みました。

Debian 「squeeze」 リリース情報
http://www.jp.debian.org/releases/testing/

Debian GNU/Linux 6.0 -- リリースノート
http://www.jp.debian.org/releases/testing/releasenotes

GNU/Linux インストールガイド
http://www.jp.debian.org/releases/testing/installmanual

公式サイトの Daily build #1 for powerpc, using installer build from sid http://cdimage.debian.org/cdimage/daily-builds/daily/arch-latest/powerpc/iso-cd/ から debian-testing-powerpc-businesscard.iso をダウンロードしてそこからブートし、いつも通りに幾つかの質問に答えながらインストールします。ランゲージは日本語ja_JP.UTF-8にしました。


再起動するとPBButtonsdのalsaエラーが出ましたがまだ音関係はインストールしてないので先に進みます。
そのPBButtonsdですが、これのおかげで最初から画面輝度キーなどが使えるようになってます。ただしそれらのキーは MacOS X だとF1,F2をそのまま押すだけですが、これは反対に fn キーを押しながらF1,F2などを押します。


メモリ使用量

この時点で12MB程度でした。





以下は # が行頭にあるものは su - して root になってからの作業です。


rootで文字が見えない

インストール時に日本語を選んだので root でも日本語表記になりますがコンソール上ではまだ日本語が見えませんので export LANG=C して英語表記にします。いつもやるのが面倒なら root の .bashrc にでも書いておくといいでしょう

# export LANG=C

キーボードをUS105から106-JPに変更

コンソールの設定を変更します。

# dpkg-reconfigure console-data

リストから

Select keymap from full list

を選択して次に出てきたリストから

pc / qwerty / Japanese / Standard /Standard

を選択します。最後まで行くと保存して終了します。


質問を少なめにする

Dialog,medium を選ぶと少し減るようです。

dpkg-reconfigure -p medium debconf

apt-get で proxy を使う

今後何度かインストールし直しなどする可能性があるので proxy を使う異にします。rootアカウントの.bashrcにでも書いておきます。porxyサーバーが192.168.0.2のport 8080ならば

# export http_proxy="http://username:password@192.168.0.2:8080"
# export ftp_proxy="http://username:password@192.168.0.2:8080"

モジュール追加

どのモジュールが合うのか調べるのが面倒ですが、iBook G4 に合うモジュールの一覧がこのサイトにあったのでコピーして使わせてもらいました。

iBook G4 linux http://www.tgunkel.de/it/hardware/doc/ibook_g4_linux.en

モジュールリストを開いて

# vi /etc/modules

既に入っている行を#でコメントアウトして以下を追加

agpgart
apm_emu
bcm43xx
cdrom
ehci_hcd
evdev
firmware_class
hfsplus
ide_cd
ieee80211
ieee80211_crypt
ieee80211softmac
ohci_hcd
radeon
sbp2
scsi_mod
snd
snd_mixer_oss
snd_page_alloc
snd_pcm
snd_pcm_oss
snd_powermac
snd_timer
soundcore
sungem
sungem_phy
therm_adt746x
tsdev
uninorth_agp
unix
usbhid
zlib_deflate

保存したら再起動します。

sid にupgradeする

awesome の新しいものを使いたいのとその他のこともあり sid か sqweeze testing にしたいのでリポジトリを書き換えます。
(最初から squeeze/sid をダウンロードすればいいのですが)

# vi /etc/apt/source.list

で開いて、lenny の部分を testing に変更し、さらに contrib non-free を追加して保存しました。

# deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free

#deb http://security.debian.org/ lenny/updates main
#deb-src http://security.debian.org/ lenny/updates main

#deb http://volatile.debian.org/debian-volatile lenny/volatile main
#deb-src http://volatile.debian.org/debian-volatile lenny/volatile main

コンソールで日本語が見えるフレームバッファ

# apt-get install jfbterm gpm

jfbterm で起動、w3m で日本語の web を見て回ることも出来ました。exit と入力するか CTRL+D で入力すれば終了します。
さらに gpm を起動するとマウスが使用出来ます。

もう一つの fbterm の方がスクロールが速いのですが、アンチエイリアスの設定をうまく認識しないのかフォントが一部欠けたり汚くなり、何度か .fbtermrc や .font.conf を編集してみたりしてみましたがどうもうまく治らないのであきらめました。

X をインストール

これで入れました。

# apt-get install xserver-xorg-core x11-server-utils read-edid mdetect xterm xinit xauth

awesome

window maneger は様々あるけど今回はこれでやりました。最初のインストール時に日本語を選んでおけばこの時に日本語フォントもインストールされました。

# apt-get install awesome


startx とすると awesome が表示されます。「コマンドキー+Enter」で xterm が表示され w3m で web を見ると日本語表示もされていました。
左上アイコンをクリックか、壁で右クリックしてメニューから quit で終了します。


X xorg で jp106 キーボードを使う

現行の xorgxorg.conf でキーボードレイアウトの指定しても認識されなく console の設定が使われるためこれもやっておきます。

# apt-get install console-setup

直接jp106が選べないので質問に答えて適当に選択した後で自分で設定します。

# vi etc/default/keyboard

このように書き換えました

XKBMODEL="jp106"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS="terminate:ctrl_alt_bksp"

メモリ使用量とスリープ

この時点で36MB程度でした。
ちなみに電源断は本体のスイッチでは出来なく shutdown -h now をするしかないようです。



日本語入力

今回は uimanthy の組み合わせにしてみます。

# apt-get install uim uim-anthy uim-fep uim-utils uim-xim

X を立ち上げ直すとstartx すると

# apt-get install alsa-base

再起動

ここで一旦再起動させます。最初に出ていたエラーも出なくなりALSA...done.との表示されていました。


サウンドプレーヤー

軽量なGUIプレーヤーと聞いたので。mp3 とネットラジオの再生が出来ます。

# apt-get install audacious

コマンドラインからなら xmms2 add 曲名.mp3 して xmms2 play で再生出来ます。

動画プレーヤー

この二つがあればどうにかなりそうです。

# apt-get install mplayer smplayer

負荷を減らすためためオーバーレイを使用に設定しました。
smplayer のメニューから [オプション]-[環境設定] で [全般] のタブ [ビデオ(V)] にある出力ドライバーを xv (0 - ATI Radeon ideo Overlay) を選択しました。


その他入れておきたいものなど

# apt-get install zsh sudo sysv-rc-conf fbterm rxvt-unicode

sudo を使えるように

グループに登録します

# vigr

この行にアカウントを追加する

sudo:x:27:hogeアカウントhoge

時刻合わせ

このままだとどんどんズレていくので合わせます。

# apt-get install ntpdate

一回だけ合わせるのなら

/usr/sbin/ntpdate

もう一つ ntpdate-debian というコマンドもありそちらは /etc/default/ntpdate の内容にしたがい debian.pool.ntp.org で時刻合わせするようです。

毎時合わせるたほうがいいのでcronに登録します

# vi /etc/cron.daily/ntpdate

内容はこのようにしました

#!/bin/sh
/usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp > /dev/null 2>&1

実行属性をあたえておきます

# chmod 755 /etc/cron.daily/ntpdate

以上、iBook G4 へのインストールでした。


メモリ使用量

再起動後に
ログイン後 15MB
startx して xterm から見ると 33MB
iceweasel を起動して 55MB

日本語入力が出来る状態でこれぐらいなら十分いいですね。
もちろんあっちこっち回っているとfirefoxがメモリをがんがん使いますが。




PowerPC 対応のディストリビューションは限られているようで、それでもいくつか探して試してみましたが、ubuntu は公式には止めたけれど非公式としてあるので試すと cd-rom が見えなく modprobe ide-scsi してもだめで先に進まず断念。VineLinux は普通に入って使えました。gentoo は頑張ってるから乗り換えようかとも思ったけれどまだ試してませんので今度試します。

Debian squeeze で udev を更新してみた - ゆるゆると http://d.hatena.ne.jp/litt/20100206/p1

# touch /etc/udev/kernel-upgrade