ubuntu 8.04Hardy Heron beta minimal 最小インストール

さらに続いてます。遅いマシンと少ないリソースのマシンで Linux を使いたいのですが、ubuntu そのままでは重すぎるしそもそもメモリ不足ですし Xubuntu は使えていたのですが、まあそもそも自分的にはタイル型 wm が理想的に感じるので最低限必要な物だけで構築しようかと。
タイル型wmはいろいろあるようですがアンチエイリアスを絶対必要としているので日本タイルの方の比較表から awesome を選びました。現在 awesome 2.3 が開発中だそうですが、ubuntu Hardy には awesome 2.0 しかありませんのでとりあえずそれにします。

ubuntu 最小インストール選択

CDからブートするとメニューが出ます。

  • いきなり選択が出てくるので日本語を選択(以後部分的に日本語に)
      • このままだと109キーが使われる事になるようです。101キーの人は F3 でキーマップの変更をしたほうがいいでしょう
  • [F4] キーを押しモード変更のメニューへ
    • 中にある Install a comand-line system を反転選択させEnter
  • 一番上にある Install ubuntu に反転選択させEnter

ubuntuのインストール

ここは何度もやっている人にはどうという事のない項目なので飛ばしてもok。普段通りに質問に答えていきます。答えるにはカーソル(矢印キー)で反転させ Enter で決定します。また戻ってやり直す時など <戻る> や など反転させたいときには [TAB]キーで飛べます。

  • 日本語入力への切り替えキーを訪ねらます。最初はAlt+Shiftが選ばれているようです。Enterで選択します。
  • *1
  • このあたりでネットワークの設定がありますが、DHCPサーバーがあれば自動で設定され進みます。無い場合はIPアドレス設定画面が出てきます。
  • ホスト名を入力
  • ガイドか手動によりパーティションを選択
  • *2
  • ユーザー名とパスード入力
  • grub のインストール確認
  • 終了して再起動

メモリとディスク使用量

free -m
             total used free shared buffers cached
Mem:           248  116  132      0       3     95
-/+ buffers/cache:   16  231

df -h
/dev/sda3       11G     596M    9.1G    7%      /

二つで十分ですよ tty

仮想コンソール tty (getty) は 6 ありますが、メモリがもったいなく感じる場合もあったので2つにしました。

dpkg-reconfigure console-setup

これで tty[1-6] を tty[1-2] に変更。
/etc/default/console-setup が

ACTIVE_CONSOLES="/dev/tty[1-2]"

書き変わるのですが、それでも消えません。
/etc/event.d/tty[3-6] も変更します。

コメントアウト

#start on runlevel 2
#start on runlevel 3

これを追加

stop on runlevel 2
stop on runlevel 2

なおconsole-setupコンソールでのキーボードの設定変更(キーマップ)とUTF-8も設定出来ます。

メモリとディスク使用量

free -m
             total used free shared buffers cached
Mem:           248  107  140      0       3     89
-/+ buffers/cache:   15  233

*1:最初にF4キーマップをUSA(101)等に変更した人は途中で Detect keyboard layout? ときかれますが自動だとおかしいようです、手動にしたいから <いいえ> を選択し、英語版101キーボードを使用しているので USA 選択してます

*2:自分は手動でオプションに初期化と、マウントオプションの noatime を少しはディスクが早くなるかもと期待してつけてあります