レナードの朝

以前見たことがある「レナードの朝」が深夜テレビで流れていた。
オリヴァー サックス原作の実話を、ロバート デニーロとロビン ウイリアムスで女流監督ペニー マーシャルが描いている。
嗜眠性脳炎という病気で30年間も半昏睡状態(眠病?)のレナード達にたいし、パーキンソン病のL-DOPA薬を使用する事を思いついた医師との友情とその後。。。
さすがです、ぐーとひきこまれる。
脚色されているものの実話が元になっているだけにその面でも凄く入り込めます。